薔薇の挿し木、ハーブの挿し木

f:id:himawari2016:20201209231008j:image

10月下旬に挿し木したミニバラが発根したので鉢上げしました。

 

薔薇の挿し木は春と冬とか言うけど、ちゃんと管理すれば結構成功するものですね。

 

ミニバラ以外もナエマ、ミステリューズ、ガブリエルなどの薔薇も挿し木してますがいくつか根が出始めてました。

 

父がキッチリ型の園芸博士なので挿し木を途中で抜くな〜!ちゃんと穴を開けないとダメ〜!時期が〜とか色々言われます。

 

私は実験好きなので用土を変えてみたり鉢を変えてみたり、推奨されてない時期にやってみたり色々試します。

 

ハーブは簡単に発根する。

オレガノ、タイム、レモンバーベナローズマリー、ミント、レモンバームチェリーセージなどは簡単に1.2週間で根が出るので適当に赤玉土に挿しておきます。

 

水切れだけは注意、これには鉢受け皿に水を貯める作戦か、ペットボトルの挿し木鉢を自作します。

ハーブの本を沢山書いている桐原春子さんの記事で読み気に入ってます。

 

香りを楽しむ やさしいハーブの育て方145種

香りを楽しむ やさしいハーブの育て方145種

  • 発売日: 2011/02/28
  • メディア: 大型本
 

 

 

ペットボトル挿し木は透明だから根が沢山出てきたら見えるし水切れの心配が軽減。

 

小さな挿し芽は食品プラスチック容器に穴を開けて赤玉土を入れて使います。

f:id:himawari2016:20201210205358j:image

10月にイングリッシュラベンダーの剪定をしたので剪定枝で挿し木、挿し芽中。

少しこちらも少し根が出始め。

 

冬に強いハーブは冬も元気に発根するようです。

タイム、ラベンダー、オレガノなど。

 

冬に落葉するレモンバーベナはいつもより発根が遅い。

タイムは最近モリモリ生育期なので先週沢山挿し木してみたけどどうでしょう。

 

匍匐性のタイムは土についてる枝が勝手に根を出すので、沢山根が出たら切り分けて植えればどんどん株が増えます。

意図的に土をかけて取り木したりもします。

ゴールデンレモンタイム、タイム、ゴールデンタイム、この3つはどんどん増えてます。

f:id:himawari2016:20201209234148j:image
f:id:himawari2016:20201209234505j:image
f:id:himawari2016:20201209234502j:image

 

セージも挿し木より取り木の方が楽に発根してくれるし枯れる事もないのですが、最近お気に入りのゴールデンセージは挿し木に挑戦してみようかな?

f:id:himawari2016:20201209235214j:image

色色が可愛くてセージの香りはそのまま。

最高です。

 

 

今お気に入りの薔薇、エクレールがポロポロ咲いてます。

f:id:himawari2016:20201209232717j:image

 

娘は全然可愛くないと言う。

 

クリスマスローズもブラック系とか、ダーク系が好きです。

氷の薔薇なんか最高。

f:id:himawari2016:20201209232927j:image

 

しかし真っ白なお花も好きなのでクリスマスローズ、マリアも。

f:id:himawari2016:20201209233046p:image

 

 

 

ブラック系のお花をついつい植えてしまいます。

黒花のホリホック、ディスコロールセージとか

クリスマスローズも黒が欲しい…



来年春用の種や苗も幾つか購入。

花盛りを楽しみに育てます。

 

 

 

 

 



黒のホリホックはかなり楽しみ。

あとは大好きなハーブゼラニウムを色々買い増し。

今年の夏の暑さで幾つか枯らしてしまったので来年は夏までに大きくしておいて花を咲かせる作戦です。

ラベンダーを枯らしてしまう人も今年中に植えておくと夏越ししやすいみたいですよ。

 

それを聞いて幾つか新しく植えました。

グロッソ系と、真正ラベンダーの苗を手に入れられたのでこれは花がとっても楽しみ。

f:id:himawari2016:20201209234152j:image
f:id:himawari2016:20201209234144j:image

真正ラベンダーは甘い香り、グロッソはツンとするカンファー系の香りなのでかなり違います。