Scented garden〜センテッドガーデン香りの庭

香りのあるお花や植物を育てています。

夏野菜を定植してきました。

ゴールデンウィークの後半、夏野菜を定植してきました。

今年楽しみなのはこちら↓

幻のきゅうり

f:id:himawari2016:20220508180003j:image

出回っているのはF1種の苗が多いですが、こちらは固定種のきゅうりだそうです。

興味津々です。

 

ミニスイカピノガール
f:id:himawari2016:20220508175959j:image

種がカリカリと食べても不快ではない食感らしいです。スイカバーみたいなイメージ?

イカ栽培は初めてなんですが、うまく行くかな?

 

素人メロンころあま
f:id:himawari2016:20220508180006j:image

イカに並び、メロンも初めてです。

素人メロン、というキャッチに惹かれてつい手を出してしまいました。

カラスやアライグマにつつかれたらショックを受けそうです。

 

鈴なりパプリカらんらん
f:id:himawari2016:20220508180009j:image

りんりんもありましたが、らんらんだけ。

赤パプリカは別品種を選びました。

パプリカは以前大失敗して、失敗の理由もわからずなので、再チャレンジ。

 

こちらは頂き物の菊芋です。

f:id:himawari2016:20220508180640j:image

5株頂いて植えました。

以前小料理屋さんで頂いて、シャキシャキの食感が美味しかったので食べるの楽しみです。

 

何も植えてない一列を夏野菜用に。

牛糞堆肥、ボカシ肥料を入れて耕しました。

f:id:himawari2016:20220508180835j:image

その隣でジャガイモが茂りました。

f:id:himawari2016:20220508181019j:image

ジャガイモは北あかり、十勝こがね、ノーザンルビーアンデスレッド、シャドークイーン、デストロイヤー、インカのめざめ、インカのひとみ…

 

まぁ思いつく限りの珍しい品種のジャガイモをうえまくりました。

シャドークイーンとても美味しいのですが、食材として気軽に買えるお店で売ってることがありません。

インカのめざめは売っていたので購入してみたらとても甘くてほぼサツマイモ?な味です。

早く食べたい。

 

ニンニク、玉ねぎはもうすぐ収穫です。

f:id:himawari2016:20220508181733j:image

たまに間引いて食べてます。

 

秋に種を撒いたハゼリソウが咲いています。

香りがとても良くてびっくりします。

f:id:himawari2016:20220508181845j:image

完全回復から畑作業を楽にすることを考えた。

昨年末に入院した事からなかなか本調子が出ず、春になってやっと完全回復しました。

徐々に畑作業、庭作業が進んでいます。

f:id:himawari2016:20220419123320j:image

 

体調が良くない中植えた玉ねぎは半分くらい消えました…この畑、冬の間は凄い風で乾燥が激しく初期の生育がうまくいかなかったようです。

黒マルチを張りましたが風で飛び、張り直し、また飛びの繰り返しで結局剥がすことになりました。

赤玉ねぎは結構残って、太り始めたので収穫できるかな?

 

f:id:himawari2016:20220419123602j:image

これは穂が出始めたライ麦です。

麦踏みだけはちゃんとやりました。

今年の秋は麦だけやろうかな…麦はとても元気です。

それか四方を麦で囲み…って冬の間はまだそんなに大きくないのでした。

秋までに風除けになる冬の作物を探します。

 

娘と一緒に作っているサラダ畑にはサニーレタス、玉レタスしずか、キャベツ、赤キャベツなど植えてます。

中央は傘葉ルピナスです。産毛の生えた傘葉と青いお花がとても綺麗です。

f:id:himawari2016:20220419123835j:image

サラダ畑2は娘の種まきです。

畑中から拾った小石で区切り、辛子菜、赤辛子菜、黄辛子菜、水菜、ルッコラ、あと色々サラダで食べられる野菜の種を蒔いています。
f:id:himawari2016:20220419123842j:image
f:id:himawari2016:20220419123839j:image

こちらの中央にはマリーゴールドストロベリーブロンドを植えました。マリゴーは夏野菜の相棒として定番ですが、今年は気温によって色が変わるストロベリーブロンドとファイヤーボールを植えて、あとはアフリカンマリーゴールドを種まきしてます。

f:id:himawari2016:20220419124412j:image

ニンニクだけは上手くいった様子です。

全て良く太ってきています。

f:id:himawari2016:20220419124452j:image

まだ掘ってないのでわからないですが、2畝のうちの片方は何故かひょろひょろなんですけどね。

多分中国産の安い種ニンニクを植えたからでしょう。

6品種くらい植えましたが、種の値段に比例して大きくなってます。

やはり価格は商品価値を正しく評価したものなのだと痛感しました。当たり前ですね。

次回からは種や苗の価格はケチらない事ですね。

そういえば玉ねぎは安い苗を買ってしまいましたので…

 

昨年体調を崩したことにより、なるべく楽しようとコードレス電動耕運機『耕す造』を購入しました。

f:id:himawari2016:20220419130929j:image

これにより子どもが畑作業を楽に手伝ってくれます。私はまだ使ったことがありませんが、小学生の娘でも楽々、広い面積を耕す事ができます。

リチウム電池のバッテリーを充電して使います。

価格も13000円前後で、お手頃です。

公式でフル充電で20分稼働、くらいの話でしたが、全然それ以上動きます。

今のところ20分使って帰ってきて充電すると半分も電池が減ってないので電池が新しいうちはかなり使えそうです。

 

これを買う際、国華園の充電式耕運機と凄く迷いました。↓

こちらは¥19800です。

稼働時間はたいして変わらなさそうですが、耕す造18vにして、こちらは36v。倍です。

なんだか凄そうな気がします。

 

耕運機購入めっちゃ悩みました。

まずAmazonで安売りしてる中国産は除外です。

現在ほぼ中国通販状態の日本Amazonの中国産は壊れてもメンテナンスできないし、バッテリー新しく買いたいなんて時になったらもう商品なくなってるなんて事当たり前です。

問い合わせしても話が通じませんから、壊れても良いものしか買いません。

ですので国内メーカーに限定して探しました。

耕す造のアルミスは会社ホームページもあるしっかりした会社のようでした。

国華園はメーカーではなく種苗から農業グッズの通販会社なので、壊れた時の対応はちょっと不明です。

 

私の条件としては

  • 畑に電源が無いので、コードレス
  • 車に乗せて運ぶので、軽い方がいい
  • 手入れを楽にできる
  • 肥料を入れてそこそこ耕せる

 

耕す造で不安だったのは「表面だけサラッと耕した風になるだけなんじゃ?」というところ。

しかし国華園の耕運機は9.7キロもあるというのがネックになりました。

10キロの米袋と考えると重いです。

それを20分以上腕で取り回す…?嫌ですね〜腕がムキムキになりそうです。

耕す造は電池を装着して4.4キロ、というのが決め手になりました。

4.4キロならうちの猫1匹よりも軽いです。

f:id:himawari2016:20220419130258j:image

車に乗せたり下ろしたり、タダでさえ堆肥袋とか重いのにやってられっかとなります。

毎回のことだし、軽ければ娘ちゃんも使えるよね〜というのが決め手で購入しました。

 

結局とても使い良く買ってよかったと思います。


f:id:himawari2016:20220419130932j:image

引っ張り気味にすると深く耕せます。

頑張れば30cmくらいの深さは楽に耕せます。

同じ場所を行ったり来たり、ちょうど掃除機の様に動かすとしっかり耕せる感じです。

 

夏野菜用の畝に堆肥と肥料と入れて、準備しないとな〜…しかし7.8畝分なかなか重い腰が上がらなかったのですが、電動耕運機なら手伝ってやる、と息子がぜーんぶ耕してくれました。

私は堆肥と肥料をばら撒くだけで、なんともラッキー。

一安心して今色々夏野菜の苗を物色している所です。

さ〜何を植えましょうか?

とりあえず購入したのはミニトマト・ピンキー、大玉トマト・麗夏、ナスのマー坊です。

f:id:himawari2016:20220419131448j:image
f:id:himawari2016:20220419131445j:image
f:id:himawari2016:20220419131450j:image

イカ、メロン、考え中です。

サツマイモもしたいけど、ツルを片付けるの大変だよ〜と言われ迷っています。

そんなに大変なんでしょうか?やったことがないからわからないです。

今年の夏は畑で沢山野菜を作ります。

 

冬のハーブ達

体調を崩して2ヶ月程お休みしていました。

少しずつ園芸作業を再開しています。

 

冬は沢山のハーブが地上部を枯らし休眠しています。

ミントが少しずつ芽吹いてきました。

f:id:himawari2016:20220127190636j:imagef:id:himawari2016:20220127190640j:imagef:id:himawari2016:20220127190644j:imagef:id:himawari2016:20220127190711j:image

こちらはラベンダーミント、モヒートミントストロベリーミントです。

ストロベリーミントは勝手に地上部が枯れます。

他は地上部を残しつつ新しい今年の芽が出ますので、古い枝を切り落とします。

古い枝はどんどん木質化して香りが良くない気がします。

新しい芽のフラッシュな香りを楽しむ為にもリフレッシュの剪定です。

ミントは地下で伸ばした根から芽がどんどん出てきてしまうので花壇にはグランドカバーになるペニーロイヤルミントだけ植えています。

今年は小さな葉のコルシカミントもグランドカバー用に増やそうかと思います。

この2種は根が浅いので広がりすぎても抜くのが簡単ですが、他のミントは無限に広がって他所のお宅にご迷惑をかけてしまう事もあるので鉢植えのみにしています。

笹やドクダミも厄介ですよね(^_^;)

ミントの地下茎もかなり厄介ですので、花壇や畑に植えない方が賢明です。

 

畑にはラベンダー、フェンネル、ディル、レモンバーベナ、フレンチタラゴンモナルダマロウ

キャットニップ、など植えています。

 

クリスマスローズの植え替えをしました。

色々育てていますクリスマスローズの植え替えをしました。

f:id:himawari2016:20211104174439j:image
f:id:himawari2016:20211104174430j:image
f:id:himawari2016:20211104174442j:image
f:id:himawari2016:20211104174433j:image

新しい葉が沢山展開してきた株もあれば、全く動きの見えないものもあり根詰まりしてるのかな?と思い総植え替えしています。

華やかなハイブリッド系のお花は素敵です。

 

しかしお気に入りは原種系です。

昨年植え付けた原種系クリスマスローズ、デュメトルム、リグリクス、クロアチカス、フェチダス、トルカータス、ボッコネイなど色々育てています。

原種系クリスマスローズは生育がゆっくりです。

ボッコネイだけはよく育っています。

リグリクスとボッコネイはお花の香りがとても良くお気に入りです。

クリスマスローズは香りが無いと思っていた時に見つけて嬉しかった2株です。

今年も沢山咲くと良いなと思います。

種まきしました。、小さなコードレス耕運機が欲しい

最近YouTubeでひろちゃん農園にハマっています。

https://youtu.be/dO5i_WwjLnc

ひろちゃん農園 - YouTube

農作業しながらゆっくりお話ししてくれるひろちゃんの知恵を頂きながら畑も頑張ります。

これまでガーデニングメインでしたので、畑を本格的に1人でやるのは大変です。

先日の白菜24株のうねを耕して畝建てするだけで背中が痛いです。

ガーデニングは立ったりんご座ったりしますが、鉢の植え付け植え替え作業で座りっぱなしも多かったので腰が痛かったですが。

これから玉ねぎ、長ネギを植える場所を耕して、ハーブ用の場所も土壌改良してと考えるとハンディタイプのコードレス耕運機が欲しくなりました。

広い畑なので、最初はまとめて一気にトラクターでしてもらったのですが、毎回出すのは面倒だし大変だし、何しろ私は運転した事がありません。

簡単だよ〜とは言われますがちょっと怖い。

ひろちゃん農園のひろちゃんはホンダのマメトラという耕運機を良く使っているので調べてみたら10万円くらい。

うーん、高い。

 

色々探してたらこんなミニ耕運機がありました。

耕す造という名前がまたいいですね。

この耕運機がいいなと思ったのは、

  • 充電式である
  • 価格が安い
  • コンパクトである

この3点です。

 

畑に電源がないので、最初はミニ耕運機と発電機を買う?と考えていました。

こういうタイプが沢山あり、価格もお手頃です。

しかし発電機の選び方がわからずうーんと唸っていたところ、充電式を見つけました。

充電式、コンパクト、価格が安いのはもうひとつありました。

これは外国メーカーなので、メーカーホームページを見てみましたら壊れたりした時のサポートがどうなのか?替えの部品などが見当たらないなどの疑問が浮かびやはり国内メーカーがいいなと思って行きついたのが耕す造です。

ちゃんと大きなトラクターもあるのですが、私は運転出来ないし、ひと畝ずつ耕したりは難しいです。

今日はトラクターでまだ植えていない雑草だらけになってしまったところを耕してもらいました。

f:id:himawari2016:20211103220702j:image

その後ふた畝に3日前水につけて皮むきしておいたニンニクを植えました。

白菜のとなりの畝には籾殻、くんたん、籾殻堆肥を入れて野口の種で求めたアカチマ、小松菜、石倉一本ネギ、ルッコラなどなどの種まき。

端の畝には耕してそのままライ麦を撒いてみました。こちらも野口の種で求めた物です。

 

今週は新月ですので、先日植え付けた苗に勢いが出てきました。

f:id:himawari2016:20211103221208j:image

f:id:himawari2016:20211103221226j:image

全体的に植え付けが遅れているのでまだまだ小さいです。こちらに今日はカルシウム酢と液体ボカシもまいてきましたよ。

小さいながらしっかりした葉が出てきていますのでなんとか大きくなってくれたらと思います。

今週あと少し、玉ねぎの畝も用意しようかと思っていましたらなんと玉ねぎは本当は11月末から12月に植え付けるらしいというお話を聞きましたのでちょっと迷っています。

どうしましょうか…

週末にはまた野口の種へ行って、大麦、エンバクや緑肥用の種を探してきます。

 

色々植え付けました。

f:id:himawari2016:20211026200721j:image

午後になってしまったけど、これ以上遅らせたくないので植え付けしてきました。

先週ブロッコリー、キャベツを数株植えて、今日は白菜、キャベツ、スナップエンドウ、アスパラを植えました。

白菜の合間にマリーゴールドストロベリーブランドという花色がとても可愛いマリーゴールドを植えてます。

キャベツの周りにスナップエンドウの苗を植えて、春菊、レタス、パセリなど少しずつ種まきしてきました。

先日野口の種で色々購入した緑肥用のヘアリーベッチも種まきしました。

水捌けがあまり良くないので土に籾殻を入れてます。籾殻くん炭も入れればよかったかなと思いました。

これから玉ねぎの苗を植え付けたり、長ネギの種を蒔きたいのでその辺りの場所は籾殻と籾殻くん炭を入れようかと思います。

f:id:himawari2016:20211026201953j:image
f:id:himawari2016:20211026201950j:image

家庭菜園には広すぎる畑です。

今日は手にマメができてしまったので、少しずつ耕していきます。

米ぬかでボカシ肥料を作りました。

畑に使おうと思って米ぬかを3キロ買ってきたら、どうやらそんなに沢山いらないので、ボカシ肥料を作りました。

 

近くの農協で一キロ50円でした。

精米機があるところだと無料で貰える所もあるみたいですが、まあ手間もあるでしょうから購入します。

 

YouTubeで見つけた米ぬかと納豆だけで作るボカシ肥料を作りました。

f:id:himawari2016:20211026102808j:image

納豆をひとパック、ぬるま湯で混ぜて米ぬかへ投入し、サラサラに混ぜてレジ袋に入れて日向へ置いてます。

f:id:himawari2016:20211026130634j:image

手のひらですり潰しながらサラサラにします。

お湯が多かったので米ぬかの残りを最後に500gほど足しました。

結局2.5kg、大きめのレジ袋にたっぷり出来ました。

手で混ぜるので、手の甲がすべすべになります。

 

お水が多すぎると腐るようなので、サラサラに出来るように、最初に米ぬかを全部混ぜないで、少し残しておくといいかもしれません。

 

籾殻、ワラも農協で購入してきましたので、これから広大な畑に色々植えていきたいと思います。

とはいえ秋出遅れましたので、園芸センターで安売りまとめ売りになっていたキャベツや白菜の苗も入手してきましたがあまり期待せず。

多分結球しないと思いますが、葉をもいで使っても柔らかくて美味しいらしいです。

スナップエンドウも少し植えます。

これから玉ねぎの植え付け、来年用の石倉一本長ネギの種まき、空豆の種まきの予定です。

ハーブやガーデニングは慣れてますが、野菜の畑はまだ2年目です。

母が10年以上やってますので、植え付け時期や植え方を見様見真似でやっていきます。

母の畑では現在春菊、水菜が毎日のように収穫出来ますので少しずつもらって食べてます。

春菊は特に小さなうちは柔らかく美味しいですね。

 

野菜の植え付けが終わったらハーブの植え付けをしていきます。